3af55925fa99b429651ee4356be11770?1219337561
マユガリータの美味しい日記

模擬営業

2021/05/02 10:46 晩ごはん お酒・おつまみ テーブルウェア 旅行・お出かけ くらし 健康

少し前の話ですが。

仕事でお世話になっている「坐来・大分」が銀座内で移転してリニューアルオープンすることになりました。

デザイナー、ライターとともに模擬営業という形でお呼ばれしてきました。

新しい場所でのスタッフの練習のためということなのでしょう。

有楽町のヒューイックスクエアの3Fに広々とオープン。

個室が増え、それぞれに素敵なインテリアや隅々まで計算された照明などがあり、個室なのに圧迫感がない居心地の良い空間になっていました。

こちらは大分の炭酸温泉の泡を閉じ込めたガラスの照明。めちゃ可愛い〜♡

別な個室の照明は作家さんの緻密な木細工が素敵!

それぞれの個室にはロッカーや竹かごが置いてあり、コロナ対策のアクリル板、最初のおしぼりから食事前には濡れ手ぬぐいを用意したり、万全でした。

今回はお任せの「豊海」コースをいただきました。


咲き付けは小皿に旬が満載♪

手前右のウドの天ぷらについているのは鯛の鱗をあげて抹茶塩を和えたもの。

食感も楽しくウキウキするスタートです。

椀代わりにはアスパラの摺流し、馬鈴薯餅。

驚いたのはアスパラも馬鈴薯も大分のものということ!

アスパラのフレッシュで少し青臭い感じが一口目にふわ〜っと口の中に広がって、

私的に一番感動しました♡

郷造りは立派な関アジ、関イサキ、関たい、イカ。

お刺身が出てくるときは毎回心が踊る瞬間です!

かぼすをかけて、鯛には薬味を巻いてポン酢、イサキには柚子胡椒が合うなど、オススメの食べ方で♡

そして坐来の顔ともいうべき「りゅうきゅう」は盛り付けを変えて、より魚が強調されました。

こちらと刺身の器は小鹿田焼(おんたやき)といって数件でしか作っていない家族経営の一子相伝の窯なんだとか。

酒肴には穴子ざく。器も美しい春らしい逸品。

主鉢は鰆の糀焼き。トマトを蕃茄(ばんか)をと言うのを初めて知りました。

お味噌汁にかぼすを加えるのは大分では定番だそうで、すっきりした飲み口になって美味しいです♪

甘味にはバニラアイスに黒胡椒、ビワのコンポートにカボスのジュレなど、楽しい〜一皿♡

お持たせで有名になった金胡麻フロランタンに、新作のかぼすサブレも美味しい♡

大量生産できないこともあって売り切れることが多く大人気のお菓子です。

店頭でも買うことができるけど、一報入れるのが確実です。

照明にも使われている炭酸温泉のガラスを作った作家さんのお猪口も素敵でした♪

中と外が全く違う表情。光加減で見え方も変わる素敵なものでした。

お料理も器も内装もスタッフも本当に素晴らしかった!

スタッフはどんな質問にも丁寧に答えてくれるし、社長からみんな仲が良くて素敵なチームワークを築いていると感じました。


お土産までいただきました。

至れり尽くせりの模擬営業、ありがとうございました♡

来月あたり「鱧」の撮影があるということでまたお世話になります!


オープンは5月6日を予定しているそうです。

銀座にお越しの際は是非♪

https://zarai.jp

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください